節税をしよう!

法人税は、事業の売り上げに対して掛けられる税金で、何の節税対策も行わなければ、払う金額も高くなります。節税をするには、税制度について深い知識を持つ税理士に相談するのがベストです。

税理士と公認会計士の違い

同じ会計業務でも専門分野が異なる

税理士と公認会計士は同じように会計業務を扱いますが、税理士が税務の代理や税務書類の作成など税務業務を行うのに対し、公認会計士は税務署法が適正であるかなどの監査業務を行います。

相談できる内容が異なる

記帳代行などの相談は、税理士と公認会計士のどちらにも相談できますが、節税や税務に関することなら税理士、企業会計に関する専門的な知識が必要なM&Aは公認会計士に相談することになります。

プロに相談することが大事!

節税できる方法は色々あり、専門的な知識がないと分からないこともたくさんあるので、本気で節税対策を行うつもりなら、プロに相談することが大事です。

効果の高い節税対策ランキング

電卓
no.1

しっかり相談に乗ってくれる税理士をつける

最も効果の高い節税対策は、しっかり相談に乗ってくれる税理士をつけることです。素人が学べる知識は限られているため、経験豊富で節税のノウハウを知った税理士をつけることが最大の強みとなります。

no.2

資金を使わない永久的な節税対策

不良資産や不良債権などの処理を、税法に従って固定資産除却損や貸倒損失に計上することによって、資金を使わず永久的に節税することが可能になるため、効率的と言えるでしょう。

no.3

税金を来期以降に繰り延べる

決算末期の未払い金を、経費として計上する方法です。永久的な節税方法ではありませんが、この方法も資金を使わず行え、きっちり計上することによって大きな節税に繋がります。

no.4

経営者退職金制度を活用する

経営者が自分の会社から退職金を貰うという経営者退職金制度を活用すると、支払った法人として退職金の金額を経費として計上することができるため、大きな節税に繋がります。

no.5

保険金や家賃の一括払いをする

生命保険料や家賃を決算期末直前に1年分一括払いすることによって、経費として計上できます。しかし、保険を解約すれば収入になり、家賃も来季の経費を先取りしているだけであるため、一時しのぎの節税対策と言えます。

大阪で税理士事務所を利用しよう

会社を経営する方必見【法人税の節税と税理士について】

電卓

会社の利益に掛かる税金とは

会社の利益に掛かる税金は、国税である法人税のほか、地方税である法人住民税や法人事業税などがあります。法人税は、会社の利益を基準として算出され、儲かるほど税金も高くなる仕組みになっています。課税所得が400万円以下なら実行税率約21%、課税所得が800万円以上なら実行税率が約34%です。法人住民税や法人事業税も、会社の利益が上がるほどに、支払う金額が増える仕組みです。

電卓

優良な税理士を見つけるポイント

優良な税理士とは、税制に精通しており可能な限りの節税対策をして税金の支払い額を少なくしてくれるのが条件となります。しかしそれだけではなく、相性も大切であるため、税理士を選ぶ時には相性も重要なポイントとなります。説明も専門用語ではなく一般の人がわかる言葉で話してくれ、レスポンスの早い税理士が優秀と言えます。

交通事故の後遺障害手続きを進めよう

[PR]
大阪で弁護士に交通事故トラブルを相談
対応費用を事前に確認しておこう

江戸川で好評な税理士事務所

[PR]
名古屋で税理士事務所を利用しよう
税金に関する疑問をプロに相談♪

アポスティーユ申請の専門会社 法人税の節税をプロに相談!

広告募集中