交通事故に後遺障害が出たら損害賠償請求しよう!

事故

後遺障害等級認定とは

交通事故の被害者となってしまった場合には、加害者に対して損害賠償を請求することができます。後遺症が残ってしまった場合には遺失利益や慰謝料を請求することができますが、この時には後遺症の程度に応じて請求額が計算されます。後遺障害の程度を示すのが障害等級であり、1級から14級までが設定されています。最も傷害の程度が重いのが障害等級1級で、もっとも軽いのが障害等級14級です。後遺障害等級の認定は医師が「これ以上治療を続けても症状は改善しない」と判断した時点で行われ、交通事故の発生から半年程度で行われることが多いようです。通常は交通事故の加害者が加入する任意保険を提供する保険会社に医師による診断書を提出して、これに基づいて後遺障害等級認定が行われることになります。

事故

諦めずに弁護士に相談しよう

交通事故の示談交渉は、後遺障害等級認定で認められた障害等級に基づいて行われることになります。例えば弁護士基準による障害等級1級の慰謝料は2800万円ですが、2級は2370万円で3級は1990万円などのように、補償額には等級ごとに大きな違いがあるのです。認定された障害等級に納得がいかない場合には、異議を申し立てて争うことができます。後遺障害等級認定で困った際には、諦めずに弁護士に相談しましょう。交通事故の案件を得意とする弁護士は医療に関する知識も豊富であり、さらに様々な経験の積み重ねによるノウハウを有しています。弁護士に依頼をすれば後遺障害等級認定に関する交渉を、有利に進めることができるのです。

広告募集中