ちょっとのミスで開業が遅くなる【風営許可申請は行政書士へ】

男女

開業準備に欠かせないもの

開業準備に欠かせないものはたくさんありますが、風営許可申請という大事な申請もきちんと取っておくべきです。この許可がいる場合は、お店の条件などによって異なりますからこれから店を持つ方は必要かどうか確認をしておきましょう。

男性

風営許可申請を行政書士に依頼するメリット

風営許可所申請は自分で行うこともできますが、個人で書類を作成すると不備があり、何度も作り直すことが多いようです。行政書士に依頼すると書類の不備もなくなくスムーズに申請が行え、短期間で許可を得ることが可能です。

風営許可申請の流れ

男性

申請書類と図面の作成

まず最初に行うことは、飲食店営業許可と風俗営業許可の申請で提出するために営業所となる場所の図面を作成するとともに、申請書類を用意することです。

飲食店営業許可申請を行う

書類が用意できたら、保健福祉センターに飲食店営業許可申請を行います。施設基準の確認検査が行われ、基準を満たしていれば10日程で許可されます。

風俗営業許可申請を行う

飲食店営業許可がおりたら、営業予定地の管轄警察署に風俗営業余暇申請を行います。この時点において、内装工事はもちろん、テーブルやいすなどもきちんと配置されている必要があります。

営業所の実地調査が行われる

風俗浄化環境協会によって営業所に実地調査が行われ、申請図面と照合したり、設備や照明、音響などのチェックも行われます。内装が未完成である場合は、その分調査が遅れることになります。

営業許可証が交付される

実地調査で基準を満たしていると判断されると、営業許可証が交付され風俗営業店として営業できるようになります。風俗営業許可証は、額縁に入れて見えるところに掲示しておきましょう。

広告募集中